Opinion; 時間をこえて (Noir)

歴史をふまえ、バランスのとれた時事考察を!

  • | -------- | 
  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • | 2005-05-25 | 
  • モンゴルと中国(II); ジンギスカン論争と中国外交

    モンゴルと中国(I); 内モンゴル人と中国人」の続きです。

    日本人にとっては、元寇があったにもかかわらず、元寇に遭って実際に支配された国の人たちがどう虐げられたか想像しにくいですから、ジンギスカンのイメージって、ヒーローに近いものですよね。モンゴル人にとっては、もっと無謬――ウルトラマン(笑)――のようなものでしょうか。

    でも、例えば、イラクとその周辺はイギリスに植民地化され、実際に敵の中にイギリス軍もいるので、アメリカのイラク侵略が始まったころ「大英帝国の再来!」と言えばフセインに味方する人が増えそうなものですが、フセイン派の人たちは、「ジンギスカンの再来!」と言って自国民の愛国心を高揚させ、周辺国の同情を買おうとしていました。
    ユーラシア大陸ではジンギスカンのイメージがどれほど悪いのか想像できると思います。

    そういうところへ、モンゴルが国を挙げてジンギスカンの美化(イメージの正常化)を始めました。周辺国は怒ります。
    (「自大主義?; 世界、中国、そして日本」で述べたように、中国はジンギスカン論争自体には参加していません。)

    中国外交にとって大きなチャンスが訪れました。

    他の周辺国がモンゴルに対して冷たくなっていくなか、モンゴルに対してより親切になり、経済援助を増やし「我々はあなた達の味方です」みたいな顔をしています。副首相は多分、モンゴルでは相手を喜ばそうとして、「あなたの就任を日本で聞いて、嬉しくてお祝いのために日本での残りの約束を破ってまで飛んできたのよ!」とでも新大統領に話していることでしょう。

    その裏で、中央アジアの国々やロシアに対しては、終戦記念の場で「ソ連のおかげで日本を中国から駆逐できた」と発言したりして、前よりもっと友好的であるかのような顔をしています。

    モンゴルは気付いているのかどうか…。
    実はジンギスカン論争と中国外交によって、現在、モンゴルは敵性国家に包囲されているのです。これではモンゴルの中国に対する経済依存は増える一方です。


    この状況は、残念なことに外務省もマスコミも気付いていないようですが、日本にとってチャンスです。

    まず、中国政府がモンゴルにしている経済援助の3倍ぐらい日本はすぐに出せるでしょうから(実は中国がいくらあげているのか数字を調べないで書いていますw)、モンゴルには「日本からの援助によってあなたの中国に対する経済依存をなくしましょう」と持ちかけます。モンゴルと中国の仲は、しだいに悪くなるでしょう。そして、内モンゴルのモンゴル人と中国人の関係も、より深刻になるでしょう。

    その影響が出始めたころ、中国に対し裏で――中国は裏での話しか信用しませんから――「歴史カードを使わないと約束したら、モンゴルに対する援助を減らしましょう」と持ちかけます。

    結果、モンゴルも中国も、表面は日本の“友好国”っぽいものになります。

    もっとも、‘こういう相手の弱みにつけこむ卑劣な手を日本が良しとするか’と、‘外務省にこういう微妙な外交ができる手腕を持つものがいるのか’という疑問は残りますが…。
  • | 2005-05-25 | 
  • モンゴルと中国(I); 内モンゴル人と中国人

    マスコミでは、中国の言う『副首相帰国は「靖国」が理由』をまともに受けているようです。しかし、小泉さんは彼女が来日する以前から参拝するって言ってましたから(他の人が靖国について発言しましたが)状況に変化はなく、論理的に考えたらその理由はおかしいって分かるはずですのに…不思議です。
    日本のマスコミが、先入観によって、礼を欠いた帰国は「靖国」のせいに違いないと騒いでるので、これを利用して、自分の失礼も日本のせいにしてやろうという魂胆で帰国理由を変更したのがミエミエなんですけどね~。
    先入観に囚われていると物が見えなくなるという典型的な例でしょう。


    さて、「自大主義?; 世界、中国、そして日本」の続きを、もっと詳しく話します。

    モンゴル人の中国に対する嫌悪感に比べると、例えばネット上で反共や嫌韓の人を見かけますが、彼等の発言でさえ、まだ皮肉や嘲笑が混じっていて、子供じみて可愛いらしいものに見えます。

    以下は、内モンゴルを去年の夏旅行して、出会った人たちから受けた印象です。
    モンゴル人は、中国人の存在自体生理的に受け付けないというぐらい中国人の悪口を言います。ある酋長さんは、「目の黒いうちに中国人を全部(内)モンゴルから追い出す」とまで言っていました。(大抵のモンゴル人は北京語を話せませんが、酋長さんなど上のほうの人に限って、何故か北京語を話せるんですよね。)

    一方、内モンゴルの中国人は、“犯罪者の集団・野蛮人”という具合にモンゴル人を蔑んでいるようです。「政府はモンゴル人を刺激しないように、犯罪を犯しても逮捕しない」と話していました。また、「モンゴル人と中国人が喧嘩したら、中国人だけ捕まる」とも聞きました。

    私も目撃しました。というより、巻き込まれました。
    列車に乗っていると、モンゴル人が3人(モンゴル人は色が浅黒くひげを生やした人が多く、人民服みたいなの――金銭的理由により――をよく着ているので、だいたい見分けられます)入ってきて、モンゴル語で大声でしゃべりながら、一人でいた中国人の女性を囲むように座りました。そして、髪を触ったり、肩をなでたりし始めました。もちろん彼女は肩をゆすったりして嫌がります。他の乗客(大多数が中国人)は、凝視しているだけで何もしません。私も卑怯者ですから、見て見ぬふり――窓から外を見ていて気が付かないふりをしていました。
    そこへ車掌が通りかかったので、助かると思って胸をなでおろしていると、なんと!!!
    ――彼も見て見ぬふりをして行ってしまうではないですか! さすがに周りの中国人のように凝視はしませんでしたが…。

    続きは、このエントリーの話題と直接関係ないのですが、気になると思うので、一応話しておきます。
    3人のモンゴル人の行為は、次第にエスカレートしていきます。
    臆病な私でもこのままでは彼女はレイプされると思い、さすがに耐えられなくなりました。
    たまたまある駅に近づいて列車がスピードを落とし始めたので、自分の荷物を網棚から降ろし、彼らに笑顔で近づいて彼女の手を取り、3人に私と彼女は一緒だと身振りで説明し、「日本人だよ;ジーパン(北京語)、ヤポン(何語か知らない)、ニホン(日本語)」、「バイバイ」なんて適当なことを言いながら降車口の方に向かい、降りるふりをして他の車両に移りました。幸運なことに、何故か3人は手を振りながら、笑顔で私たちを見送ってくれました。

    話を戻します。
    「中国人とモンゴル人は、今は共に経済発展するという共通の目的のため静かですが、お互いの相手に対する嫌悪感が積もっているため、何かあると内戦は避けられないな」というのが私の受けた印象です。

    こういう状況ですから、北京は内モンゴルの情勢を悪化させないため、モンゴル人の本国に対して、とても媚蒙です。
    日頃から経済援助を通じて関係を深め、大統領が就任して最初にいく外国はモンゴル(!)というぐらい大事にしています

    つづく

    «  | HOME |  »

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。