Opinion; 時間をこえて (Noir)

歴史をふまえ、バランスのとれた時事考察を!

  • | -------- | 
  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • | 2005-05-23 | 
  • 自大主義?; 世界、中国、そして日本

    日本政府及び、日本のマスコミの方々へ

    呉儀副首相が急に帰国しました。
    今の中国首脳部は、日本にかまっている暇なんかあるわけないので、当然、対モンゴル政策の綿密な打ち合わせのためでしょうと思いながらニュースサイトを見ていると…

    ― 外務省筋も「こちらから中国側に『靖国問題と関係があるか』と聞いたところ、『ない』ということだった」と述べた…
    ― 小泉首相の靖国神社参拝に関する発言が影響したのではないかとの見方について…

    「拗ねて帰ったのでは?」と危惧してるとは!!!

    あなた達は、恋する乙女ですか?
    自分が常に相手を見てるからって、相手も常に自分のことを1番に気にしてくれてるとは限りませんよ!
    相手は、あなた達を、あなた達が思っているほど重要だとは思ってくれてないかもしれませんよ!

    もちろん、いきなり帰っちゃうのは失礼ですけど、「え? 自分のせい?」としか思えないって…。
    あななたち、いつからそんなに自己中で自大主義になったのですか?

    もう少し謙虚になって、世界情勢を勉強しましょう!!!

    いいですか。いま、ユーラシア大陸は、ジンギスカン論争の真っ只中なんです。
    中国はひとまず置いておきます。
    ヨーロッパからロシア、中央アジア、中東、インドまで―――つまり、ユーラシア大陸のほとんどでは、ジンギスカンは悪魔の権化のように信じられています。

    モンゴルでも、共産党によって‘悪者’と定義づけられていました。
    ところが、一般のモンゴル人にとって、ジンギスカンはヒーローであるだけでなく、建国の父でもあるんです。民族の誇りなんです。
    そして、最近、モンゴルで、彼を美化しようとする動きが始まりました。
    「実は、彼は犬が怖かったんだよ」なんて人間的な面を強調したり、「彼は侵略した土地で、信仰の自由を与えた、奴隷を解放した、貿易を進めて世界経済に貢献した等」と彼の良い面を強調したりしています。

    当然、被征服者はおもしろくありません。「モンゴル人は歴史を“捏造”する…」と。
    モンゴル人に言わせれば、当時モンゴルには文字がありませんでしたから、「ジンギスカンの歴史は、彼の敵によって書かれてるから、真実じゃない…」というわけです。

    どこかの国と、その隣国の話に類似していますね。(笑)

    さて、中国です。私も最初聞いたときには、耳を疑いましたが、北京はジンギスカンを“中国人”だとしているのです! 彼等の言い分は、「モンゴル人は昔から中国の1人種で、元は中国の1王朝だし、内モンゴルは中国のひとつの“省”だし、ジンギスカンの墓もそこにある」ということです。

    モンゴル人にとって、これほど面白くないことはありません。内モンゴルはいまだに中国に取られたままですし、それに、長年中国には商売の面でだまされ続けてきたこともあり、中国人が嫌いです。
    昨日(5月22日)選挙があったのですが、誰が1番中国嫌いかを争う選挙戦でした。
    (ひとりの候補が票の半数を取れなければ決戦投票です。たぶん、そうなるでしょう。)

    北京は、「ジンギスカンが何人か?」なんて中国人以外の全ての人類が答えを知っている、全世界の常識を覆すような内容の問題をモンゴルと争いたくないので、ものすごく下手に出ています。

    もし勝者が出れば、「1番にお祝いに来たのは中国だよ」と友好を強調したいのでしょうし、
    決戦投票になるとすれば、、その前になんらかの工作をしようという算用でしょう。
    今は、「靖国!」なんて怒ってるふりをする時間がないのです。

    わかりましたか、日本政府及び、日本のマスコミの方々?


    追伸。
    アメリカの遺伝子学会の雑誌にのった、ある調査によりますと、今日、千7百万人のジンギスカンの直系の子孫が生きていて、人類の200人に1人は彼の親戚だそうです。
    モンゴルの選挙は、結果が出ました。
    決選投票の必要はないようです。
    050524
    スポンサーサイト

    コメント

    ジンギスカン論争?!

    そんな論争があったんですか。
    中国としては、さぞや頭が痛いことでしょう。
    しかし、日本との会談をすっぽかすほどの深刻な事態なんですか?
    誇り高きモンゴル人は、(どこかの国ではありませんが)経済は経済、歴史は歴史…と上手に割り切るんじゃないかと想像するんでが…

    返事

    >お花畑三吉さん
    ジンギスカン論争と中国の対応に関して―――私の知る限り―――日本のマスコミは無視していて、当然それが中国にもたらす影響なんか考えていないでしょうから、呉副首相の帰国に対するマスコミの反応に無知さが出てしまっているのでしょう。
    外務省もマスコミも、相手が今何に対して関心を持っているかぐらい調べて対応してあげないと、お客さんに対して失礼だと思うんですけどね。
    モンゴルと中国の関係について、もっと詳しい記事を新しく書いてみますね。

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://noir1904.blog11.fc2.com/tb.php/4-6a06d490

    目からウロコ!

     自分のブログに寄せていただいたTBやコメントから様々な方のエントリーを見させていただき、色々な知らない情報を仕入れることが出来たり、自分にないモノの見方を学んだりと、ブログを始めてから自分の世界や視野が広がる感動を日々味わっていますが、今日もそんな「嬉し.

     | HOME | 

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。