Opinion; 時間をこえて (Noir)

歴史をふまえ、バランスのとれた時事考察を!

  • | -------- | 
  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • | 2005-06-02 | 
  • “誤解”の構図; 反日と反共

    昨日、ドタキャン関連のエントリーで、ealstさんに以下のようなコメントを頂きました。

    昨今の中国の行動、言動により、日本の人は「中国が日本を侵略しようとしている」という認識を(それが正しいかどうかとは関係なく)もちつつあると思います。

    まして、反日デモで、あれだけの圧力をかけた後に、

    副首相が会談をドタキャン
      ↓
    これも靖国問題に関する圧力
      ↓
    日本への内政干渉の意図

    と日本や(あるいは第3国に)誤解されてしまう可能性があるのは、避けようがない。

    たとえ真実が別にあるとしても、その時の認識によって、歴史は動いていってしまいます。
    それどころか、場合によっては、積極的に誤解しようとする勢力もあるでしょう。自分たちの利益と政治的目標を追及するために、この誤解を最大限に利用しようとするでしょう。


    時事の核心に迫る、考えさせられる考察だと思います。
    そこで、今日は、私なりに、“誤解”を中心とする政治的現状を描いてみたいと思います。

    昨今、中国を強く批判する――内容の良し悪しは別として――政治家ほど支持率が上がって来ています。
    逆に中国では、北京が反日をすればするほど、“愛国心”――北京への忠誠――を高揚して、内政問題をうやむやにできるようになりました。

    この構図は、戦前の枢軸国と連合国の関係――枢軸の批判をすればするほど支持率があがる“民主的”な連合国の政治家 vs.国内の不満を連合国に責任転嫁する“独裁体制”の枢軸国――にそっくりです。

    結果、戦争をしました。
    戦後、ドイツに関しては、第一次大戦終了(ベルサイユ条約)直後から始まる、「国内の不満を連合国に責任転嫁する“独裁体制”」にならざるを得ないドイツの状況が連合国側に理解され、“誤解”を助長し利用した連合国にも反省をうながしました。日本に関して、このプロセスは、始まったばかりですね。

    話を今日に戻します。
    つまり、日中共に積極的に“誤解”しようとする勢力が政権を握っている状態です。
    こういう環境の中では、人々が“誤解”すればするほど彼等の個人的利益は上がりますから、両国の政治家たちにとって、日中共通の利益を探すどころか、双方とも歩み寄って話し合いをするメリットすら見出せません。

    政権を握る人々にとっては利益となりますが、それと同時にこの環境は、日中の大多数の人々にとっては不利益です。
    言論の自由のある日本のマスコミが、国民の利益を考えて、“誤解”の解明をしてくれるのが一番いいのですが、今のマスコミは、一概に言うと、日本側の“誤解”を助長(右)するか、中国側の“誤解”を助長(左)するかしかしていません。
    情報を日本のマスコミに求める以上仕方のないことですが、私の知る限り、多くのブログでも同じことが行われています。(もちろんブロガーには“誤解”を助長しようなんて政治的考えはないと思います。)

    ealstさんのおっしゃる通り、“たとえ真実が別にあるとしても、その時の認識によって、歴史は動いていってしまいます。”

    “誤解”が積み重ねられている現状から、私たちはどのようにして抜け出せるのでしょうか?
    スポンサーサイト

    コメント

    誤解とともに、

    偏見も増長されていくのが私には残念です。今後は日本も外国人がますます増えるでしょうし、摩擦なく共生していくためには偏見はできるだけ取り除かなければならないと思います。

    個人としてできることは多くはないですが、多様な価値観を紹介することで、少しでも偏見を減らすことができたらと思いながら、私もブログを書いています。

    返事

    >ビアンカさんへ
    こんばんは、ビアンカさん。
    「誤解→偏見→中傷⇒血」という図式を、人類はいつまで繰り返すのでしょうね。
    ビアンカさんのなされていることは、人類全体の課題…高貴なことだと思います。
    陰ながら応援します。
    そのうちノーベル平和賞を要請してもいいですか?(笑)

    このブログを広めたいです

    Noirさん、こちらのサイトとても面白くためになるので、少しでも多くの人に読まれなければ勿体ないと思います。差し出がましいのですが、「在外日本人ネットワーク」というサイトに登録されてはいかがでしょうか。以下のアドレスです。

    http://zaigaij.net/

    私も他のブロガーの方に教えて頂いて登録したのですが、このページを経由して訪れてくださる読者もけっこういます。

    このアイディア、お気に召さなかったら申し訳ありません。気軽な提案として流してくださいね。

    どうもです。

    自分の発言が取り上げられて、恥ずかしいやらなんとやら。
    感謝感激です!

    私は間接的な立場から、情報を入手する一般人なので、その意味では「誤解」にどうしても巻き込まれてしまう。直接的な経験は少ない。自分でも気づかないうちに、色々な偏見にまみれていると思います。

    ただ、誤解だけでなく、価値観の違いから闘争が起こることもあります。

    例えば、内戦や民族浄化など、隣近所同士で殺しあったりしてしまう。普段から知っているのなら誤解しようのない相手のはず。
    だから誤解が解けても、対立は止まないかもしれません。

    あるいは利益の違い。

    重要なのは、闘争が発生してしまうのはある程度止むを得ないとして、それをどのように安全域に収まるようコントロールするか。

    と、言う風に私は思うのですが、どうでしょうか。

    どうも「歴史オタ」なので、こんな返事になってしまうのですが、よろしいでしょうか。

    反日=反米?

    核兵器についての記事に2度もコメント頂き、ありがとうございます。

    日本のブログでは日中関係に関するものが百花繚乱です。ただ、アジアの反日は反米の要素も重なっていることを見落としている人が多いのは残念です。

    今回はアメリカと国連について記事を書きました。また宜しくお願いします。

    はじめましてw

    すでにブログを終えた者ですが、こちらのブログのオーウェルに関する叙述にシンパシーをとても感じました。

    中国の内政問題と同様に、日本の内政問題の行き詰まりが、本来相互の歩み寄りによって解決されうるものが、過度のナショナリズムというベクトルで結果的に衆愚政治で日本の内政問題への不満を解消させるという形で、「反日」または韓国との軋轢という感じに極端な外交政策が取られている、という一定の認識の留保が必要かもしれません。

    だから一概に中国=枢軸国、日本=連合国の図式は、日本におけるネオコン勢力を過小評価させてしまう点に懸念を感じます。

    返事

    >みなさん
    遅くなってごめんなさい。失礼いたしました。


    >ビアンカさんへ
    こんにちは、ビアンカさん。
    勿体ないお言葉、光栄です。褒めすぎです。(汗)
    ご紹介頂いたサイトに早速登録してきました。
    ありがとうございました。

    駆け出しで、まだまだ知らないことがたくさんあります。
    これからも、何でも気軽に教えて下さい。
    お願いします。


    >ealstさんへ
    こんにちは、ealstさん。
    こちらこそ、発言ありがとうございました。
    日中間の誤解の話から、世界の様々な抗争にまで話題が広がっちゃいましたね。(笑)
    確かに抗争の原因はたくさんありますよね。

    日本では政治・経済を勉強してジャーナリストになる人が多いそうですが、ヨーロッパでは、歴史もしくは、ひとつ以上の外国語と外国文化を学んだ後、ジャーナリズムの学校を出てジャーナリストになる人が多いんですよ。出来事を“流れ”の中で客観的に考察する習慣がつくからでしょうね。ealstさんは「歴史オタ」とのこと。ジャーナリストが適職でしょうか。(笑)


    >舎 亜歴さんへ
    こんにちは、舎 亜歴さん。ようこそ。
    おっしゃる通りです。個人の関係と同様に現実には周りに第三者がいるので、二国間の関係の全てを当事者間の関係だけで説明できるわけはないですよね。
    今回は話題を日中の“誤解”の面だけに絞りました。こういうことって前置きなどで話しておくべきなのですね。以後気をつけます。
    ご指摘ありがとうございます。

    『アメリカと国連について』の記事、後で読みにいかせて頂きますね。


    >uzumakyさんへ
    こんにちは、uzumakyさん。
    はじめまして。ようこそ。

    賛同していただき、ありがとうございます。uzumakyさんのブログのオーウェルに関する記事を見せていただきました。人間の全てをありのまま包み込んでしまう愛情を、オーウェルからは感じますよね。

    ポスト小泉を狙っている政治家がネオコンだったとは知りませんでした。ネオコンというのはアメリカだけでの話だと思っていました。(汗)
    でも、ネオコンも「積極的に“誤解”しようとする勢力」ではないのですか?
    ブログを終わられたとのこと。質問したりして悪い気もします…。
    気が向けばご教示下さい。(笑)


    >みなさん
    コメントありがとうございます。

    オーウェルの記事を読んでくださって

    ありがとうございますw

    ネオコンは狭義の意味ではブッシュ一派を形成する人々の政治姿勢に意味されますが、国際協調主義を無視してネオリベと呼ばれた保守政治家とも異なるという意味で日米共通の潮流として捉える人もいるようです。国連の常任理事国入りを取るか、靖国を取るかで分かれた保守がネオリベ・ネオコンの境界とも言えそうです。

    >でも、ネオコンも「積極的に“誤解”しようとする勢力」ではないのですか?

    確かにそうですね。ただ現在の保守の流れ自体が複雑になってきているので、その点を注意して「連合国」となるか「枢軸国」となるか(歴史的な勝者と敗者の結果論の比喩として)の見極めが慎重になってきますよね。

    靖国を取れば、国内向けにはポピュリズムで威勢がいいのですが、常任理事国を落としてまで靖国を拾うとなると、下手すれば東アジアで反日包囲網が形成されますよね。

    靖国が「慰霊施設」であるという嘘がマスに対して分りにくいようなうちは、「連合国」と「枢軸国」という対置は、マスに対して危険な場合もありうるという気がします。

    “ドタキャン”に関しては日本への牽制との見解を向こうがはっきりさせた分だけ国際的には「反日」に有利かもしれません。

    いずれにしても総論と各論を分けて考えないと外交の見方はむずかしいですね。。。。

    返事

    >uzumakyさんへ
    思わぬところで“オーウェル系”の方(笑)に出会えて嬉しいです。

    ブログを終わられたにもかかわらず、お答えいただき、しかも親切に日本の保守の現状についての講義までしていだだき、感謝します。勉強になります。
    つまりuzumakyさんは日本が枢軸国になる可能性もあると危惧されているのですね。確かに大衆がポピュリズムで左右されると真実が見えなくなり危険ですよね。
    ひとりの有権者として、肝に銘じておきます。
    ありがとうございます。

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://noir1904.blog11.fc2.com/tb.php/11-329ec5bf

     | HOME | 

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。