Opinion; 時間をこえて (Noir)

歴史をふまえ、バランスのとれた時事考察を!

  • | -------- | 
  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • | 2005-06-10 | 
  • フランス語を侮蔑する東京都知事

    7日のルモンドという新聞に、フランス語は国際語失格発言で石原慎太郎・東京都知事を提訴する動きについての記事があったので、要約しておきました。
    参考にしていただければ幸いです。

    『フランス語を侮蔑する東京都知事』
    Le gouverneur de Tokyo traite le français par le mépris et l'injure
    原文(フランス語)

    しばしば中国に対して挑発的そして排他的な発言をすると石原さんを紹介。

    同じように今度はフランス語に対して「フランス語は数を勘定できない言葉で、国際語として失格」と数ヶ月前に宣言したらしい。
    それに対して「第二次大戦後、フランスの数学は大いに日本の科学に貢献した」と一行だけ反論。

    日本でフランス語の教員たちが訴訟を起こすこと。石原さんは既に他で訴訟を起こされていること。(「生理の来なくなった女性は不必要」発言に468人の女性が提訴)

    石原さんのフランス語についての発言の意図が明らかにされていないことに言及。

    フランス語教育にたずさわる人にとっては、都の教育改革でフランス語関連の教育が重要ではないと思われていると感じていたところなので、再確認となった。より大きな警報となる。

    確かに1999年から2003年の間にフランス語を学ぶ学生の数は10%減ったが、670ある高等教育機関中の500で、24万人が今でも勉強中。
    フランス語を学ぶ人数が減った理由:
    ‐第二外国語がオプションとなった。
    ‐企業が求める英語教育に焦点が合わされている。
    ‐中国語と韓国語がブームである。



    記事の流れから見て、要は石原さんの発言なんかどうでもよく、フランス語を学ぶ人が減ってきているから、「政府よ、日本にもっとフランス語を普及する努力をしなさい」と暗にほのめかす内容でした。(笑)

    ちなみに、フランスは国の政策として、アリアンス・フランセーズを税金で全世界に作り、フランス語及びフランス文化の普及に努めています。
    日本も国是として日本語及び日本文化の海外での普及にもっと力を入れれば、国際感覚を持つ日本人の育成に役立つでしょうし、平和・友好にも貢献するかもしれませんね。



    追伸。
    私にとっては今が年度末で、忙しくて新しいエントリーを書く時間がなかなか取れません。
    しかもその後は夏休みに入り、今年は帰省する予定です。
    だから9月になるまで、多分もう新しい記事を書く時間はないと思います。
    長期にわたる不在、失礼いたします。
    スポンサーサイト

     | HOME | 

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。