Opinion; 時間をこえて (Noir)

歴史をふまえ、バランスのとれた時事考察を!

  • | -------- | 
  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • | 2005-06-02 | 
  • 所感; ブログについて

    ブログというものを始めてみて、今日で10日(平日だけだと1週間ほど)経ちました。感想を書いてみたいと思います。

    実は元々、ブログにはあまり興味はなかったのですが、「“みんな”がやっている」と聞いたりするうちに、「ブログってどんなものだろう?」という興味が湧いてきて、見てみることにしました。

    私は、親の仕事の都合上、また私自身の個人的理由で、幼いころから外国人との付き合いが多く、海外での生活も長いので、必然的に日本と外国との関係に興味があり、まず最初に政治・海外関係のブログをいくつか周ってみました。
    そして、海外の情報の“種類”が少ないことに気付き、「日本はこれでいいの?」と軽い疑問を感じました。

    しかし考えてみると、日本の新聞は、2,3ページしか海外のことを書いてくれませんから、情報の多様性――取り上げられるトピックの種類――が限られてくるのは、仕方のないことです。
    (ちなみに、オランダの新聞では、日本と逆で、自国のニュースに2,3ページしか割かず、残りは海外情報です。)

    そこで、私は日本の新聞が取り上げていないけど、日本にとって、もしかしたら重要かもしれないと思われるトピックを中心に、ブログを作ってみようと考えました。

    まず、ブログサービスを選ぶために、サービスを提供している会社を比較しているサイトを見て、FC2だと著作権保護もしっかりしていて、アクセス解析もできることを知り、FC2で始めてみることにしました。
    最初の投稿をするときには、私は恥ずかしがりやですので、誰に読まれるのか分からないことを考えると少し勇気がいりました。


    さて、10日経ち、「私の話すことは新聞でさえ取り上げない内容が多いため、残念ながら話が伝わりにくく、当然コメントを残してくれる人も少なく、多くても10人ぐらいの人が見てくれたのかな」などと適当な想像をしながら、また、「10人も見てくれないのなら、続ける意味はないのでは?」などと勝手なことを考えながら、先ほどアクセス解析を見てみました。

    すると、昨日までで、なんと、ユニークアクセスで695人(!)もの方が訪れてくれているではないですか。

    嬉しいです。そして、ブログ社会に参加している人口の多さに驚きました。
    始めたばかりでこんなにたくさんの方に見て頂けているとは、想像もしていませんでした。
    もし時間が許すのでしたら、いらっしゃった時、感想・提案・疑問点など軽い気持ちでコメントを残していただくと、もっと嬉しいです!
    …と、やめるべきかなんて考えていたくせに、欲まで出てきました。(笑)

    訪れてくれた方々に、心より感謝いたします。
    ありがとうございます。m(._.)m
    特にyasukichiさん、紹介して頂いただけでなく、交通整理までして頂きました。
    本当にありがとうございました。m(._.)m

    理想としては、みなさんのコメントで成り立つブログにしたいと思います。
    みなさん、これからも、お好きなときに遊びにいらして下さいね。
    お待ちしています。m(._.)m
    スポンサーサイト
  • | 2005-05-22 | 
  • 【はじめにお読み下さい】

    ≪このブログを始める理由≫
    “Noir”とはフランス語で‘黒’のことです。
    全ての色を混ぜ合わせれば、黒になります。
    昨今、マスメディアは、マス“ゴミ”と言われるぐらい信用をなくし、当てにならなくなっている状態ですし、また、少なくともネット上では、反共・反在日・嫌韓というように、色をできるだけ混ぜないようにしようとする考え方が流行っています。
    この状況から少しでも早く離脱し、色を少しでも‘黒’に近づけることに貢献できればと思い、このブログを始めます。


    ≪このブログの目的≫
    ヘミングウェーのように、スペイン内戦にボランティアとして参加した知識人は、内戦をロマンチック化(ヘミングウェー『誰がために鐘は鳴る』)して世界に伝え、ニュースメディアは、左と右に別れてプロパガンダを流したなか、ひとり、ジョージ・オーウェルだけが“ジャーナリスト”的視点から、政治的・哲学的な偏見に左右されることなく、ありのままを伝えてくれました。(オーウェル『カタロニア讃歌』)
    このブログでは、彼のように、できるだけ偏見に左右されることなく、「歴史を操るものが現在を支配する。現在を操るものが将来を牛耳る」(オーウェル『1984年』より)という教えを忘れず、いま起こっているさまざまな現象とその起因を、過去・現在・未来と―――
    時間をこえて”考察し、できれば対処法をみなさんと議論できればと考えています。


    ≪このブログのルール≫
    1.丁寧な言葉でお話し下さい。
    2.人を中傷する言葉遣いはお止め下さい。
    3.宣伝目当てのコメントはご遠慮下さい。
      【注】 ルールを守れない人のコメントは独断で削除します。
          ブログの状況次第でルールを変更・追加するかもしれません。

     | HOME | 

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。