Opinion; 時間をこえて (Noir)

歴史をふまえ、バランスのとれた時事考察を!

  • | -------- | 
  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • | 2005-05-25 | 
  • モンゴルと中国(I); 内モンゴル人と中国人

    マスコミでは、中国の言う『副首相帰国は「靖国」が理由』をまともに受けているようです。しかし、小泉さんは彼女が来日する以前から参拝するって言ってましたから(他の人が靖国について発言しましたが)状況に変化はなく、論理的に考えたらその理由はおかしいって分かるはずですのに…不思議です。
    日本のマスコミが、先入観によって、礼を欠いた帰国は「靖国」のせいに違いないと騒いでるので、これを利用して、自分の失礼も日本のせいにしてやろうという魂胆で帰国理由を変更したのがミエミエなんですけどね~。
    先入観に囚われていると物が見えなくなるという典型的な例でしょう。


    さて、「自大主義?; 世界、中国、そして日本」の続きを、もっと詳しく話します。

    モンゴル人の中国に対する嫌悪感に比べると、例えばネット上で反共や嫌韓の人を見かけますが、彼等の発言でさえ、まだ皮肉や嘲笑が混じっていて、子供じみて可愛いらしいものに見えます。

    以下は、内モンゴルを去年の夏旅行して、出会った人たちから受けた印象です。
    モンゴル人は、中国人の存在自体生理的に受け付けないというぐらい中国人の悪口を言います。ある酋長さんは、「目の黒いうちに中国人を全部(内)モンゴルから追い出す」とまで言っていました。(大抵のモンゴル人は北京語を話せませんが、酋長さんなど上のほうの人に限って、何故か北京語を話せるんですよね。)

    一方、内モンゴルの中国人は、“犯罪者の集団・野蛮人”という具合にモンゴル人を蔑んでいるようです。「政府はモンゴル人を刺激しないように、犯罪を犯しても逮捕しない」と話していました。また、「モンゴル人と中国人が喧嘩したら、中国人だけ捕まる」とも聞きました。

    私も目撃しました。というより、巻き込まれました。
    列車に乗っていると、モンゴル人が3人(モンゴル人は色が浅黒くひげを生やした人が多く、人民服みたいなの――金銭的理由により――をよく着ているので、だいたい見分けられます)入ってきて、モンゴル語で大声でしゃべりながら、一人でいた中国人の女性を囲むように座りました。そして、髪を触ったり、肩をなでたりし始めました。もちろん彼女は肩をゆすったりして嫌がります。他の乗客(大多数が中国人)は、凝視しているだけで何もしません。私も卑怯者ですから、見て見ぬふり――窓から外を見ていて気が付かないふりをしていました。
    そこへ車掌が通りかかったので、助かると思って胸をなでおろしていると、なんと!!!
    ――彼も見て見ぬふりをして行ってしまうではないですか! さすがに周りの中国人のように凝視はしませんでしたが…。

    続きは、このエントリーの話題と直接関係ないのですが、気になると思うので、一応話しておきます。
    3人のモンゴル人の行為は、次第にエスカレートしていきます。
    臆病な私でもこのままでは彼女はレイプされると思い、さすがに耐えられなくなりました。
    たまたまある駅に近づいて列車がスピードを落とし始めたので、自分の荷物を網棚から降ろし、彼らに笑顔で近づいて彼女の手を取り、3人に私と彼女は一緒だと身振りで説明し、「日本人だよ;ジーパン(北京語)、ヤポン(何語か知らない)、ニホン(日本語)」、「バイバイ」なんて適当なことを言いながら降車口の方に向かい、降りるふりをして他の車両に移りました。幸運なことに、何故か3人は手を振りながら、笑顔で私たちを見送ってくれました。

    話を戻します。
    「中国人とモンゴル人は、今は共に経済発展するという共通の目的のため静かですが、お互いの相手に対する嫌悪感が積もっているため、何かあると内戦は避けられないな」というのが私の受けた印象です。

    こういう状況ですから、北京は内モンゴルの情勢を悪化させないため、モンゴル人の本国に対して、とても媚蒙です。
    日頃から経済援助を通じて関係を深め、大統領が就任して最初にいく外国はモンゴル(!)というぐらい大事にしています

    つづく
    スポンサーサイト

    コメント

    コメントありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。<(_ _)>

    中国とモンゴルの関係がそんなに微妙なものだとは知りませんでした。日本の首相との会談はドタキャンしてもモンゴルには行く、という理由が理解出来ました。
    続きを楽しみにしてます!

    返事

    こんにちは、yasukichiさん。
    こちらこそ、コメントありがとうございます。
    そして、こちらこそ、よろしくお願い致します。
    ブログの先輩yasukichiさんからのありがたいお言葉、光栄です。

    外見から(特に服装)民族的に評価することはよくないと思う。私も内モンゴルに行ったことがある。モンゴル人はみんな優しくて(特に日本人に気を配る)顔も日本人似の人ばかりだった。あなたの言う「ひげの人」は一人も見てないよ!!中国は56もの民族がいてそれぞれが特徴のある服装を着て、違ったひげを生やしていると思う???内モンゴルでもモンゴル族を含む49の民族が住んでいるはず。49の違う“ひげ”見てきたというの??
     
    「モンゴル人と中国人が喧嘩したら、中国人だけ捕まる」というのも。。喧嘩の場合、打つ側と打たれる側というのがある。それが被害者と加害者である。中国人が常に加害者だからじゃないの??それにしても一方的に誰が悪いと決め付けるのはよくないはず。まるであなたのブログのよう!!モンゴル人にいいイメージを持つ人に喧嘩を打っているしか見えない。内モンゴルでも中国の法律が有効であるはずだよ。バカ以外誰も信じない話を共の場でほんとうのように話すなよ!。“日本人のくず”といわれるよ、他民族から。
     私が聞いた話では“日本人の女性は性病を持つ人が多い”と。そういわれるのが好き??聞いた話だけで。。ちなみにこの話、私は中国人から聞いたが中国人は誰から聞いたか知らない。

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://noir1904.blog11.fc2.com/tb.php/5-729760a5

     | HOME | 

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。